受精は妊娠ではない!正しい妊娠のフェイズ

人生長いこと生きていれば、自身なり周りなりで一度はイベントとして体験することになるであろう「妊娠」。

非常に大切な、人生のターニングポイントとも呼べるイベントですが、それについての深い知識が、最近は薄れているようにも思われます。
そもそも妊娠とはどのように成立するのか?その点についてお伝えしていければと存じます。

妊娠

受精は妊娠ではない!正しい妊娠のフェイズを知っておきましょう。

まず、妊娠には基本的に卵子と精子が必要です。これは皆さんご存知ですよね。ですが、卵子と精子がくっついただけでは妊娠とは呼ばず、「受精」と呼ばれます。では、いつ「妊娠が成立する」のでしょうか?

最初に、卵子と精子が出会うのは子宮の中ではなく、卵管膨大部と呼ばれる、割と子宮の外側、卵管の最も外側の部分です。ここまで精子は泳いできて、卵子と出会い受精します。ですが、100%この場所で受精が行われる、というものではなく、この卵管の過程はたまた卵管の外でも受精は起こりえます。

次に、受精した精子と卵子(受精卵と呼びます)は、細胞分裂(体を構成する成分に分かれる過程)を経ながら子宮方向へと徐々に移動してきます。

最後に、子宮の壁に受精卵がくっつき、「着床」と呼ばれるアクションがおこります。この時点で「妊娠」が成立します。
いままで受精のことを妊娠、と勘違いしている方、いらっしゃいませんでしたでしょうか?いろいろなフェイズを経たのち、妊娠は成立することがお分かりいただけたと思います。

では、この妊娠はどのようにわかるのか?

よく妊娠検査キットとして薬局で売っている製品がありますよね。あれは、尿中に含まれるhCGという、妊娠により分泌が亢進する物質に反応して、結果を教えてくれるものです。よって、妊娠が成立して以降でなければキットは反応しません。最近のものはかなり精度が高いのですが、陽性になったからといって確実に妊娠しているのかと言われるとそうではないそうです。ただ、陰性だったばあいはほとんどの場合で妊娠していないそうです。

お子さんを持つということは幸せなことですが、相応の責任も伴います。皆さんもよいライフ計画を立てて下さいね。

望まない妊娠を避けるなら低用量ピルのトリキュラーがおすすめ。

トリキュラーの通販情報

妊娠期間中は、赤ちゃんを迎えるための大事な準備期間

妊娠期間中の体調は個人差が大きく、長い期間つわりが続いて大変な人や、ほとんどつわりなどもなく、妊娠前と変わらない日常を過ごせる人まで様々です。しかし、無事に出産を迎えると赤ちゃんが来る、という事はみんな一緒。赤ちゃんを迎えるまでにやっておきたい事はとてもたくさんあります。いざというときに困らないためにも、準備や心構えをしっかりとしておきましょう。

まずは、家族が増えるので家を片付けましょう。家庭によってはベビーベッドやバウンサーを置いたり、赤ちゃんグッズが家の中の大部分を占めてしまう場合もあります。ごちゃごちゃとした部屋はホコリも溜まりやすく、赤ちゃんの体にも良くない上に親自身のストレスにもなってしまいます。

ただでさえ育児で大変なのに、部屋がごちゃごちゃで掃除がしにくいとイライラしてしまい、赤ちゃんのお世話にも影響が出てしまいます。いつも余裕を持って家事育児をする為に、やはり部屋はスッキリとしておく方が良いでしょう。

次は、赤ちゃんの服などのグッズを揃えます。赤ちゃんは成長が早く、あまりたくさん準備してもすぐにサイズアウトして着られなくなるので、少しだけ準備して、足りなくなれば産後に買い足すスタイルで十分です。赤ちゃんが生まれるといろんな事にお金がかかるので、必要最低限だけに絞るという事はとても重要な事になってきます。

出産間近になるとお腹が大きくなり、お母さんの体も重く負担も増えてきますから、楽な気持ちでゆっくりと過ごすようにしましょう。また、産後は赤ちゃんの授乳やお世話など、自分の睡眠や食事も満足にとれない日々が始まるので、しっかりとイメージトレーニングをして準備をしておく事が大切です。

妊娠中は気持ちが不安定になりやすく、いろんな事を考えて不安になったりする事もありますが、まわりの先輩ママや相談窓口などを見つけておけば少しは気持ちが楽になります。赤ちゃんを大切に育てていく為に、妊娠中から自分を大切にするということも、親としての大切な仕事だと言えます。

肌の調子がイマイチな時の味方

ブライトエイジの口コミと効果